革靴が雨に濡れて臭い!乾かす方法のおすすめは陰干しでドライヤーは危険

社会人にとって雨の日の革靴は最悪ですよね。革靴が雨に濡れて臭いし気持ち悪い。

革靴が雨に濡れたまま玄関に置いておくと玄関は嫌な匂いになってしまいます。濡れた革靴はすぐに乾かして消臭しないと嫌な臭いを放つし、だめになりやすいです。

今回は革靴が雨に濡れて臭いときに手っ取り早く乾かして消臭する方法について紹介していきます。

雨で濡れた革靴を手っ取り早く乾かす方法

革靴 臭い 雨 濡れる

革靴が雨に濡れて臭いときに素早く乾かす方法について紹介していきます。革靴を乾かす手順としては以下のようになっています。

  • 中敷きを外す
  • 新聞紙を詰める
  • 革靴を立てて陰干しする
  • どうしても早く乾かしたいときはドライヤーの冷風を使う

革靴が雨に濡れて臭いときの乾かす方法① 中敷きを外す

革靴が雨に濡れて臭いときに一番最初にやるべきことは中敷きを外すことです。中敷きをつけていると中敷きの裏の部分がとても乾きづらくなってしまいます。

中敷きを外すと外さないでは革靴の乾き方は段違いになります。中敷きが取れないタイプの革靴の場合は無理して剥がす必要はありません。

革靴が雨に濡れて臭いときの乾かす方法② 新聞紙や乾燥剤を詰める

革靴の中敷きを外したら次に新聞紙を詰めていきます。つま先の部分まで詰まるように新聞紙の大きさを調整します。もし、新聞紙がない場合は乾燥剤でも構いません。

2時間に一回くらい湿った新聞紙や乾燥剤を取り替えると乾きが早くなります。

革靴が雨に濡れて臭いときの乾かす方法③ 革靴を立てて陰干しする

革靴に新聞紙を詰めたら風通しの良い日の当たらない場所に革靴を立てておいておきます。

革靴は直射日光が当たるとだめになりやすいので必ず陰で乾かすようにしてください。また、革靴を立てて置いておくことでより乾きが早くなるので覚えておきましょう。

革靴が雨に濡れて臭いときの乾かす方法④ ドライヤーの冷風を使う

革靴が雨に濡れてしまったけど次の日には使わないといけない!というときもあると思います。

そんなときはドライヤーの冷風を革靴に当てていきます。絶対に温風を当ててはいけません。革靴がだめになりやすくなってしまいます。

革靴が雨に濡れてしまった場合の理想はやはり陰干しなのですが、素早く乾かしたいときにはドライヤーの冷風を使うのも可能です。

革靴が雨に濡れて臭いときの消臭方法

革靴が雨に濡れてしまったときにすぐに乾かしても少しは臭くなってしまいます。そんなときのために革靴を消臭するための方法について紹介していきます。

革靴が雨に濡れてしまったときの対策方法には以下があります。

  • 10円玉をいれておく
  • 消臭スプレーを使う
  • 革靴を丸洗いする
  • 革靴のクリーニングにだす

この中で一番のおすすめの消臭方法が消臭スプレーを使うことです。この中で一番消臭効果とコスパのバランスが良いです。

消臭スプレーのおすすめはNULL シューパウダーです。

累計50万個以上売れている超人気消臭スプレーです。消臭効果が高いことはもちろんのこと、30日以内の返金保証がついているため気軽に購入できるのもメリットです。

値段は税込2,160円で、毎日使ったとしても約半年使うことができます。1本でかなり長い間対策できます。

たったの2,160円で革靴の臭いを気にせずに生きていくことができるので安いですね。

NULLシューパウダーを使ってみる!

それ以外の革靴の臭いの取り方については以下の記事でより詳しく説明しているのでチェックしておきましょう。

関連記事革靴の臭いを対策!消臭して靴の匂いを良くしよう!原因は足の蒸れ?

雨が降っているときの革靴には靴ワックスがおすすめ

革靴が雨に日でも濡れにくくするためのおすすめには革靴に靴ワックスを塗ることです。靴ワックスには以下のような効果があります。

  • 防水
  • 傷を防ぐ
  • 光る

靴ワックスには色々とメリットがありますね。特に防水効果もあるので雨の日にも必ず履かないといけない革靴には定期的に塗っておくべきです。

靴ワックスのおすすめがビーズワックスポリッシュです。

値段も900円弱と手頃で効果も高いと評判です。革靴を長く使いたいなら靴ワックスを塗るようにしましょう。

革靴が雨に濡れて臭いときはすぐに乾かして消臭

革靴が雨に濡れてしまったときにはすぐに乾かしてしまうのがとても大事です。革靴は雨に濡れた状態で長い時間放置しておくと、痛みやすくなってしまいます。

そのため、できるだけ革靴が濡れている状態を短くするために今回紹介した方法ですぐに乾燥させることがとても大事です。